不動産はなくてはならない不動の産物です

私たちが生活するためには、必ず何かの建物に住む事になります。
つまりは家です。
そしてこの家が不動産と言う事になります。
もちろんこの世の中で、絶対になくてはならない住む家です。
そしてこの住む家にも価値があります。
例えば、マイホームですが、これはかなりの高額なお金が掛かっています。
数百万円、若しくは数千万円とも言うべき値段が掛かっています。
つまりは建物、所謂動かない、その場所に立地している不動の産物と言う事になります。
マイホームを上げましたが、住む建物としては他にも貸家と言うのがあります。
一般住宅ですが、もはや誰も住んでいない空き家です。
これも不動産になります。
事情があり、その建物を手放す事になったと言う訳です。
その建物を誰かが所有して、全く見ず知らずの人に入居してもらうと言う事が出来ます。
これを不動産業界で言う賃貸契約と言う事です。
つまりは貸家を誰かに貸して家賃収入を得ると言う事になる訳です。
これが不動の産業と言う事です。

敷金礼金なしで期間限定の部屋が借りれます

こんなにきれいになるから住みたいという声が広がります
プロによるリノベーションで築古物件を新築同様に生まれ変われせます